鎌倉の観光スポットとハイキングコースのガイドサイト

RSS

鎌倉へのアクセス

鎌倉・江ノ島へはマイカーよりも電車利用がおすすめ。マイカーだと、渋滞や駐車待ちで、貴重な時間を浪費してしまうことにもなりかねません。
東京都心から鎌倉・江ノ島へ電車でアクセスするには、いくつかのルートがありますが、ちょっとルートを工夫したり、おトクな切符を購入したりすると、交通費が節約になります。(記事中の所要時間・運賃などのデータは、2015年7月現在のものです)

→ 鎌倉市内の移動手段

東京駅など都心・シーサイドエリアから鎌倉へ

JR横須賀線を使いましょう!

東京駅・品川駅から、JR横須賀線の「逗子」行き、「久里浜」行きに乗れば、鎌倉まで乗り換えなしで約1時間でアクセス可能です。

■東京~鎌倉の所要時間・運賃
所要時間:約55分(横浜―鎌倉 約21分) 運賃:920円(横浜―鎌倉 340円)

新宿など副都心エリアから鎌倉へ

乗り換えの便利さならJR湘南新宿ライン

JR湘南新宿ラインは、池袋駅・新宿駅・渋谷駅から乗り換えなしで、横浜・鎌倉方面へアクセスできるとても便利な路線です。「逗子」行きに乗れば、乗り換えなしで鎌倉まで行くことができます。
(湘南新宿ラインは、東海道線に乗り入れる「小田原」行きなどの列車もあるので、この場合は、途中の「戸塚」駅で、横須賀線または湘南新宿ラインの「逗子」方面への列車に乗り換えます)

■渋谷~鎌倉の所要時間・運賃
所要時間:約52分 運賃:920円 乗り換え:なし

 

安さなら東急東横線とJRを乗り継ぎ

運賃が安いのは、渋谷-横浜間で、東急東横線を使うルート。「渋谷」駅から「横浜」駅まで東横線で行き、「横浜」駅で横須賀線または、湘南新宿ラインの「逗子」方面への列車に乗り換えます。
運賃は、湘南新宿ラインのみを使うより東横線ルートのほうが310円も安いので、家族で出かけて往復だと、かなりの節約になります。
ただし、東横線の「渋谷」駅や「横浜」駅は地下駅なので、地上ホームのJR線との乗り換えは、けっこう大変。結局、安さをとるか乗り換えの便利さをとるかということになります。

■渋谷~鎌倉の所要時間・運賃
所要時間:約57分(渋谷~横浜:26分、乗り換え7分、横浜~鎌倉:24分)
運賃:610円(渋谷~横浜:270円、横浜~鎌倉:340円) 乗り換え:1回(横浜)

東京駅など都心・シーサイドエリアから江ノ島へ

「大船」駅で湘南モノレールに乗り換え

JR横須賀線か東海道線で「大船」駅へ。「大船」駅で湘南モノレールに乗り換え、「湘南江の島」駅へ向かいましょう。

ただし、江ノ島だけでなく、その日のうちに江ノ電沿線もいっぱい観光するなら、JR東海道線で「藤沢」駅まで行き、江ノ電一日乗車券『のりおりくん』を購入して、江ノ電で「江ノ島」駅へ向かう方がおトクになります。

■東京~湘南江の島の所要時間・運賃
所要時間:約62分(東京~大船:43分、乗り換え5分、大船~湘南江の島:14分)
運賃:1110円(東京~大船:800円、大船~湘南江の島:310円)
乗り換え:1回(大船) 

新宿など副都心エリアから江ノ島へ

小田急電鉄を使いましょう!

新宿から江ノ島へ向かうなら、JRより小田急のほうが、かなりおトクです。
しかも、小田急は、普通乗車券のみで乗車することができる快速急行を日中、1時間に1~3本運転しており、これを利用すれば、かなり早く江ノ島に到着することができます。

■新宿~江ノ島の所要時間・運賃
小田急線の快速急行電車等を利用
所要時間:約67分(新宿~藤沢:55分、乗り換え5分、藤沢~片瀬江ノ島:7分)
運賃:630円
乗り換え:1回(藤沢) 

※快速急行より、やや停車駅の多い急行の場合、所要時間は約75分程度

 

ロマンスカーで、ちょっとリッチな旅に!

全席指定の小田急ロマンスカー『えのしま』号を利用すれば、座席が特急仕様なので、より快適な旅を楽しむことができます。
『えのしま』号は、休日はおよそ1時間に1本運転されています。 → 時刻表

■新宿~江ノ島の所要時間・運賃
小田急ロマンスカー『えのしま』号を利用
所要時間:約64分
運賃:1250円(運賃:630円、特急料金:620円)
乗り換え:なし

おトクな切符情報など

一日フリー切符など、おトクな切符情報(All About記事)
鎌倉市内の移動、どの交通手段を使うのが便利?(All About記事)
江ノ電と路線バスをおトクに利用できる、鎌倉フリー環境手形(鎌倉市HP)

↑ PAGE TOP