鎌倉の観光スポットとハイキングコースのガイドサイト

ENGLISH RSS

鎌倉紀行ホーム > 大仏・葛原ヶ岡ハイキングコース > 銭洗弁財天(宇賀福神社)

湧水でお金を洗うと倍増するという人気の観光名所

財産運にご利益ありと伝わる銭洗弁財天

財産運にご利益ありと伝わる銭洗弁財天

銭洗弁財天(宇賀福神社)は、境内に湧く泉の水「銭洗水(ぜにあらいみず)」でお金を洗うと、お金が何倍にも増えると伝わる、鎌倉で人気の観光名所。正式名称は、銭洗弁財天宇賀福神社(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)。

銭洗弁財天と頼朝の伝説

銭洗弁財天と頼朝の伝説

言い伝えによれば、巳年にあたる文治元(1185)年の巳の月、巳の日に、源頼朝が夢の中で「西北の仙境に湧き出している水をくんで神仏を供養すれば、天下が平和になる」とのお告げを受け、お告げにあった泉を探し当て、神様をおまつりしたのが銭洗弁財天のはじまりなのだそうです。

この泉の湧き水で神仏を供養すると、国は平穏を取り戻し、民の生活も豊かになったといいます。

「鎌倉五名水」の一つ

「鎌倉五名水」の一つ

いつの頃からか、この湧き水(銭洗水)でお金を洗うと何倍にも増えると信じられるようになりました。なお、本来の教えは、財宝を洗うことにより、我が身と心の不浄を洗い清め、それによって福徳利益がもたらされるということにあります。

銭洗弁財天でおまつりしている宇賀福神は、蛇の体に人の頭をもつ水の神。そのため、特に巳(み)の日は霊験あらたかだといわれ、遠方からの参拝者も多いそうです。

「銭洗水」は、水戸黄門として有名な徳川光圀(とくがわみつくに)が、家臣に命じて編纂した『新編鎌倉志』の中で、「鎌倉五名水」の一つに選ばれています。

銭洗弁財天 その他のチェックポイント

お金を洗う参詣者

お金を洗う参詣者

ザルとヒシャクを貸してもらえるので、お金を洗ってみましょう。洗ったお金は、ハンカチなどで拭いて、そのまま使ってしまうのが良いのだそうです。「金は天下のまわりもの」といいますが、使ったお金が他の人を豊かにし、めぐりめぐって、自分に富をもたらしてくれる、ということなのでしょう。

『御宝銭』、『おたから小判』

『御宝銭』、『おたから小判』

銭洗弁財天で、ぜひ手に入れたいのが「財宝」をモチーフにした人気のお守り『御宝銭(ごほうせん)』と『おたから小判』。財布の中に入れておくと、お金に困ることがないといわれています。授与された御守りには、その場で、火打ち石をカチカチとたたいて、火花でお清めをしてくださいます。

基本情報

住所:鎌倉市佐助2-25-16
電話番号:0467-25-1081
拝観料:無料
拝観時間:境内自由(御守授与所 8:00~16:30)
アクセス:JR・江ノ島電鉄「鎌倉駅西口」徒歩25分 または大仏・葛原ヶ岡ハイキングコース経由
地図:Google マップ
公式ホームページ:-

鎌倉観光おすすめ情報リンク

縁結び、金運、仕事運UP!鎌倉の開運ハイキングコース(All About記事)
ぜったい開運! ご利益別 鎌倉の御守り(All About記事)
鎌倉観光モデルコース 人気名所7ヶ所を一日で歩く!(All About記事)

↑ PAGE TOP