鎌倉の観光スポットとハイキングコースのガイドサイト

RSS

鎌倉紀行ホーム > 祇園山ハイキングコース > 小町大路

京都(平安京)にならって造られた鎌倉の街並み

「若宮大路」の東に並行する「小町大路」

「若宮大路」の東に並行する「小町大路」

鎌倉市街の中心を南北に走る目抜き通りを「若宮大路」といい、その「若宮大路」の東に並行して、宝戒寺門前から材木座海岸までを南北に走る道を「小町大路」といいます。大路といっても、道幅はそれほど広くありません。ちなみに、鎌倉駅そばの「小町通り商店街」とはまったく別の道です。

京都生まれの源頼朝は、鎌倉を京都(平安京)のようにしたいと考えました。京都の中心は、天皇の住まいである「京都御所」。鎌倉では「武家の都」にふさわしく、源氏の氏神である「鶴岡八幡宮」を中心にまつり、碁盤の目のような街並みを造ろうとしました。

「若宮大路」や「小町大路」などの大通りも、その計画に従って整備されましたが、鎌倉は土地が狭かったため、完全な碁盤の目にはならなかったのです。

路地裏を走る観光人力車

路地裏を走る観光人力車

鎌倉時代、「小町大路」沿いの北のほうには、幕府政庁の建物や北条執権邸、有力御家人の屋敷が集まり、南のほうには、「米町」「魚町(いおまち)」などの地名が示すように商家が立ち並び、いずれにしても大変なにぎわいだったと思われます。

現在も、宝戒寺(萩寺)、本覚寺妙本寺などの寺や、日蓮上人が布教活動を行った「日蓮辻説法」の史跡など、様々な見所があります。

祇園山ハイキングコースのスタート地点「東勝寺跡」へは、「小町大路」から道標に従って路地に入っていきます。

基本情報

住所:-
電話番号:-
アクセス:-
地図:-
公式ホームページ:-

鎌倉観光おすすめ情報リンク

スマホはお預け! 鎌倉のデジタルデトックスツアー(All About記事)
鎌倉幕府栄枯盛衰の歴史をたどる(鎌倉散歩モデルコース)
鎌倉駅発着の3時間散歩モデルコース 名物グルメを堪能(マイナビニュース記事)

↑ PAGE TOP