鎌倉の観光スポットとハイキングコースのガイドサイト

RSS

鎌倉紀行ホーム > 今月の鎌倉おすすめ > 6月(水無月)

6月(水無月)の鎌倉おすすめ

【明月院】鎌倉のあじさい寺

鎌倉のあじさい寺、明月院

「鎌倉のあじさい寺」といえば、北鎌倉の明月院。明月院のあじさいは、8割から9割が日本古来からの品種「ヒメアジサイ」。意図的に青色の花を中心に植えているそうで、 6月中旬~7月上旬頃にかけて、明月院の境内は、淡いブルー一色に。

鎌倉あじさい紀行

【明月院】初夏の円窓

初夏の円窓

明月院本堂の円窓。円窓越しに見えるのは、本堂後庭園。本堂後庭園は普段は非公開ですが、あじさい・ハナショウブの咲く時期には特別公開します。

【明月院】本堂後庭園

本堂後庭園

ふだんは、本堂の円窓越しに垣間見ることしかできない明月院の本堂後庭園。この閉ざされたゆえに奥ゆかしさを感じる空間は、思いの外広く、驚きます。庭園にはハナショウブが植えられており、訪れる人々の目を楽しませてくれます。(別途、庭園拝観料が必要)

【長谷寺】鎌倉の新あじさい寺

鎌倉の新あじさい寺、長谷寺

近年、あじさいの名所としても知られるようになった長谷寺。北鎌倉の明月院を「元祖あじさい寺」、長谷寺を「新あじさい寺」などと呼ぶ向きも。
裏山の散策路沿いにたくさんの花が咲きます。長谷寺のあじさいは色も種類も様々。

【成就院】あじさいと海

あじさいと海

注)成就院は、参道の改修工事の為、2015年~2017年までの3年間、あじさいを見ることができませんでした。今年から公開を再開していますが、以前は般若心経の文字数と同じ262株あったとされる参道のアジサイの株数は、30株ほどまで減りました。成就院のホームページによれば、あじさいの代わりに萩を植え始めているそうです。写真は、参道改修工事以前に撮影したもの。

【御霊神社】江ノ電とあじさい

江ノ電とあじさい

長谷の御霊神社の目の前には江ノ電の踏切があり、線路沿いにアジサイが咲いていて、江ノ電とアジサイのコラボが撮影できる、人気の撮影ポイントになっています。
※撮影時には、電車には十分お気をつけください。

【東慶寺】イワガラミ特別公開

イワガラミ特別公開

駆込み寺・縁切寺としての歴史を持つ北鎌倉の東慶寺もアジサイやハナショウブの数が多く、梅雨時の境内はとても華やぎます。中でも人気があるのは本堂裏手に咲くイワガラミ。
本堂裏手のこの場所には、イワガラミの特別公開の期間しか立ち入ることができません。イワガラミの公開期間については、東慶寺のホームページでご確認ください。
順路に沿って本堂裏手にまわると、ヤマアジサイに似た白い花が岩壁一面に咲いているのが見えます。

鎌倉市はアジサイ咲き誇る梅雨がベスト! 厳選5スポット紹介(マイナビニュース記事)

【東慶寺】イワタバコの群生

イワタバコの群生

東慶寺境内の岩肌に咲く、イワタバコの星型の小さな花。

【葛原岡神社】あじさいの新名所

あじさいの新名所、葛原岡神社

源氏山の一角にある葛原岡神社境内には、もともとアジサイが植えられていましたが、6年ほど前に境内を整備したのを機会にアジサイを増やし、今では150種類・2000株ほどが花を咲かせます。
鎌倉の新たなあじさいの名所になりつつあります。

【岩殿寺】逗子のあじさいの名所

逗子のあじさいの名所

鎌倉のお隣、逗子市のお寺、岩殿寺(岩殿観音)
寺伝によれば、奈良時代から続く古刹で、明治時代には泉鏡花がここに逗留し、『春昼』、『草迷宮』などの作品を書きました。
参道両側にあじさいが植えられており、初夏、訪れる人々の目を楽しませます。

動画 鎌倉の四季

鎌倉の四季を紹介する動画の夏編です。(音量にご注意ください)

鎌倉の四季 夏編(6月~8月)

鎌倉の四季 春編(6月~8月)

この季節におすすめの鎌倉観光情報

アジサイシーズンの鎌倉・江ノ島のおすすめ宿・ホテルオンライン予約
夏の鎌倉散歩モデルコース
アジサイシーズンの鎌倉へ!アジサイの名所3選と穴場(All About記事)

↑ PAGE TOP