鎌倉の観光スポットとハイキングコースのガイドサイト

RSS

鎌倉紀行ホーム > 鎌倉観光モデルコース > 鎌倉駅発着の3時間、グルメと歴史散歩

時間のない人向け!鎌倉駅から3時間、グルメと歴史散歩

鎌倉は、一日かけてゆっくり歩きたい街ですが、時間がなければ、ちょこっと散歩するだけでも、十分、街の雰囲気や歴史にふれることができます。

鎌倉駅東口のバスターミナル

(写真:鎌倉駅東口のバスターミナル)

今回、紹介するのは、鎌倉駅周辺を2~3時間で歩くコース。距離は短いながらも、鎌倉を代表する観光名所である鶴岡八幡宮や、地元の人しか知らない穴場の寺院などを訪問し、さらに、伝統工芸品「鎌倉彫」の器でいただくランチや、蔵を改装した素敵なカフェでのゆったりタイムを味わえるなど、ぜいたくな散歩コースです。

鶴岡八幡宮の正式な参道「段葛」を歩いて

東京駅から鎌倉駅までは、JR横須賀線で1時間弱。鎌倉駅には東口改札と西口改札があり、東口を出ると、バスターミナルがあります。

バスターミナルの左手には、大きな赤い鳥居が見えますが、お土産物屋や有名なカフェなどがある人気の商店街「小町通り」の入口です。

「小町通り」の入口の大きな鳥居

(写真:「小町通り」の入口の大きな鳥居)

小町通りに立ち寄るのは後にして、まずはバスターミナルを突っ切り、その先の信号のある交差点「鎌倉駅入口」を左に曲がり、広い通りに出ます。

この道は、鎌倉市街地の中心を南北に走る「若宮大路」という大通りで、南は由比ヶ浜の海岸から北は鶴岡八幡宮までを結んでおり、海側から順に、一の鳥居、ニの鳥居、三の鳥居という、鶴岡八幡宮の3つの大きな鳥居があります。

二の鳥居と段葛

(写真:二の鳥居と段葛)

先ほどの「鎌倉駅入口」の交差点から、少し北側(鶴岡八幡宮側)に歩いて行くと見えるのが二の鳥居です。

そして、この二の鳥居から先は、若宮大路の中央に、一段高い歩道が整備されていますが、この道は「段葛(だんかずら)」といい、源頼朝が、妻である北条政子の安産を祈願して奉納したという鶴岡八幡宮の正式な参道です。

段葛には、桜が植えられており、春先はとても華やかになります。

「鎌倉彫」の器でいただくランチ

段葛を歩いて鶴岡八幡宮を目指す途中、右側に鎌倉の伝統工芸品「鎌倉彫」の活動拠点となっている「鎌倉彫会館」という建物があります。

会館の中には、鎌倉彫の作品を展示する「鎌倉彫資料館」や鎌倉彫の教室などがあるほか、一階には、鎌倉彫の器で、料理やコーヒーがいただける「鎌倉彫カフェ 倶利(ぐり)」があります。

倶利ハンバーグのセット

(写真:倶利ハンバーグのセット)

伝統工芸品というと、使うのがもったいないと、しまい込んでしまう人が多いので、「鎌倉彫をもっと身近に感じて欲しい」というコンセプトでオープンしたカフェで、精進料理のほか、ハンバーグなどのメニューも鎌倉彫の器でいただくことができます。

観光客の皆さんからは、「せっかく鎌倉に来たのだから"鎌倉らしい"料理を味わいたい」という声をよく聞きますが、今まで、鎌倉らしい料理というのが、意外にありませんでした。

その意味で、2016年にこの鎌倉彫カフェができたのは、とてもうれしいニュースでした。

全国有数の神社、鶴岡八幡宮をお参りして

さて、再び、段葛を歩いて行きます。鎌倉駅から鶴岡八幡宮までは、寄り道せずに歩けば、10分ほど。三の鳥居の先が、境内になっています。

三の鳥居をくぐって鶴岡八幡宮境内へ

(写真:三の鳥居をくぐって鶴岡八幡宮境内へ)

鶴岡八幡宮は、鎌倉を代表する神社であるとともに、お正月には全国有数の初詣客が訪れるなど、全国的にも有名な神社です。

八幡神は軍(いくさ)の神で、鎌倉を治めた源氏の氏神でもあるので、大事にされてきた歴史があります。

また、鶴岡八幡宮は花の名所でもあり、春には桜と牡丹(ぼたん)、夏には境内の源平池でハスが見られ、秋は紅葉、そして、冬には珍しい冬牡丹が見られます。雪よけの薦(こも)の中で大輪の花を咲かせる冬牡丹は、鎌倉の風物詩の一つです。

「神苑ぼたん庭園」に咲く、冬ぼたん

(写真:「神苑ぼたん庭園」に咲く、冬ぼたん)

さらに、毎年、4月に行われる「鎌倉まつり」や、9月に催される鶴岡八幡宮の例大祭では、境内で流鏑馬(やぶさめ)の神事が行われるなど、一年を通じて、様々な催し物も行われます。

横大路に小町大路、鎌倉時代の道を行く

鶴岡八幡宮の参拝を終えたら、三の鳥居を出て、目の前の道を左に進みます。この道は、若宮大路に対して直角に、東西(横)に伸びているので、横大路と名前が付いています。

「メーカーズシャツ鎌倉」本店などを見ながら先へ進むと、正面に宝戒寺(ほうかいじ)というお寺が見えてきます。このお寺は、別名「鎌倉の萩寺」と言われており、9月中旬から下旬頃、境内一面に白萩が咲くことで有名です。

宝戒寺参道に咲く白萩

(写真:宝戒寺参道に咲く白萩)

さて、宝戒寺に向かって、右手に向かって歩いて行きましょう。この若宮大路と並行する道は、小町大路と呼ばれています。小町通りと紛らわしい名前ですが、小町大路は鎌倉時代に造られた道なので、こちらのほうがオリジナルです。

鎌倉時代、現在、宝戒寺が建っている場所には、執権の北条氏の屋敷があり、小町大路沿いのこの付近には武家屋敷が並んでいたといいます。

一方で、小町大路を南のほうに下っていくと、米町、魚町(いおまち)、材木座などの地名がありますから、海側の方は、庶民の街だったのでしょう。

「日蓮辻説法跡」の史跡

(写真:「日蓮辻説法跡」の史跡)

いずれにしても、当時の小町大路は人の集まる、割と賑やかな場所だったと思われます。その証拠に、道端には、集まる群衆に囲まれて、日蓮宗の開祖である日蓮聖人が説法を行ったという、「日蓮辻説法跡」の史跡があります。

100年の歴史を持つ米蔵が喫茶店に

現在は、静かな住宅地が広がる小町大路沿いの一角に、白い漆喰(しっくい)塗りの大きな蔵が見えてきます。

この蔵は、秋田の宮大工が10年がかりで造ったという米蔵で、現在は、「tsuu(つう)」というギャラリー兼喫茶店になっています。

「tsuu」入口

(写真:「tsuu」入口)

店名の「tsuu」は、オーナーの小沼多鶴子さんが、以前、演劇で演じた『鶴の恩返し』の主人公、"おつうさん"にちなんで名付けたそうです。

「tsuu」の自慢のコーヒーは、サイフォン抽出にこだわった「氷温熟成珈琲」。

ランチは、煮込み料理が中心で、「tsuuオリジナルカレー」が定番メニュー。そのほか、小沼さんの出身地・秋田産の「もち豚」を使った「スペアリブフルーツ煮」は、地元のIT起業の社長のお気に入りメニューとして雑誌で紹介されるなど、好評だそうです。

「tsuu」店内

(写真:「tsuu」店内)

「tsuu」の店内では、地元のアーティストや美術愛好家などを中心に、作品の展示を行っていることが多いです。コーヒーを飲みながら、壁に展示された作品をゆっくりと楽しみましょう。

谷戸の懐深くへ

「tsuu」を出て、左に進路を取ると、間もなく本覚寺というお寺が右手に見えてきます。

本覚寺は、正月に、美しく着飾った福娘たちによって縁起物が販売される「初えびす」「本えびす」という行事が行われます。また、「鎌倉・江の島七福神」の夷神(えびすしん)がまつられているので、七福神巡りの人が数多く訪れます。

正月に福娘たちによって縁起物が販売される「初えびす」

(写真:正月に福娘たちによって縁起物が販売される「初えびす」。写真提供:鎌倉市観光協会)

本覚寺には、「にぎり福」というユニークなお守りがあります。小さな粘土に顔が描かれたお守りで、ご利益は愛・健・財・学・福の五種類。毎日、掌(てのひら)でギューっと握りしめるとご利益があるそうですよ。

にぎり福

(写真:にぎり福)

さて、本覚寺を出たら、目の前の滑川(なめりかわ)に架かる夷堂橋を渡って、妙本寺の参道へと入っていきます。

妙本寺は比企ヶ谷(ひきがやつ)という谷戸の奥にたたずむ、大きなお寺。谷戸というのは、山の尾根と尾根にはさまれた谷間のような地形で、鎌倉には数多くの谷戸があります。かつては武将の屋敷、今ではお寺の境内になっているところが多いです。

妙本寺の参道

(写真:妙本寺の参道)

比企ヶ谷は、比企氏という鎌倉幕府の御家人の屋敷があった場所で、谷戸の奥は夏でも涼しいので、源頼朝もよく、この場所に涼みにきたのだそうですよ。

しかし、後に比企氏はライバルの北条氏に攻められ、屋敷も燃えてしまいます。今ではとても静かなお寺の境内になっていますが、かつては様々な血なまぐさい出来事があったのですね。

妙本寺の桜

(写真:妙本寺の桜)

妙本寺では、春の桜や海棠(カイドウ)、夏の凌霄花(のうぜんかずら)、紫陽花(アジサイ)などが見られますが、訪れる観光客が少なく、どちらかというと地元の人たちの憩いの場、散歩道になっています。

妙本寺から鎌倉駅までは、徒歩でおよそ10分ほど。最後は、小町通りでお土産をゲットすれば、短いながら充実した鎌倉散策になるのではないでしょうか。

鎌倉観光おすすめ情報リンク

1日で鎌倉を巡るなら! 絶対押さえておきたい観光名所6カ所の歩き方(マイナビニュース記事)
鎌倉の「絵になる」紅葉スポット5選(All About記事)
リピーター続出!鎌倉・江ノ島の絶品丼(どんぶり)3選(All About記事)

↑ PAGE TOP