鎌倉の観光スポットとハイキングコースのガイドサイト

RSS

鎌倉紀行ホーム > 祇園山ハイキングコース > 大巧寺(おんめさま)

「おんめさま」の名前で親しまれる安産祈願の寺

ビルの谷間にたたずむ赤い門が目印

ビルの谷間にたたずむ赤い門が目印

若宮大路沿いのビルの谷間にたたずむ大巧寺(だいぎょうじ)。もともとは「大行寺」という名の真言宗の寺院で、場所も金沢街道沿いの十二所(じゅうにそ)にあったと伝わります。

頼朝が合戦前の軍議をこの寺で開き大勝したので、「大巧寺」と名を改め、後、元応2(1320)年、現在地に移転しました。

五代目の住職・日棟(にっとう)上人が、難産の為に亡くなった母子の霊を鎮め、その後、お産で苦しむ女性を守護するために「産女霊神(うぶすめれいじん)」を本尊としておまつりするようになりました。今も「おんめさま」の名前で親しまれ、安産祈願の参拝客が多く訪れます。

大巧寺境内の花

大巧寺境内の花

寺の境内には、いつの季節に訪れても花が咲き、街中のオアシスのような存在。

冬枯れの時期でも、おんめさまに来れば何かしらの花が咲いているので、鎌倉のカメラマンの間では、「困ったときの、おんめさま」といわれているのだとか。

小町大路側入口

小町大路側入口

小町大路側にも入口があり、若宮大路から小町大路側へ、通り抜けができるようになっています。

基本情報

住所:鎌倉市小町1-9-28
電話番号:0467-22-0639
拝観料、拝観時間
アクセス:JR「鎌倉駅東口」徒歩3分
地図:おんめさま アクセス
公式ホームページ:おんめさま 大巧寺

鎌倉観光おすすめ情報リンク

鎌倉観光を快適に楽しむために、押さえたい5つのコト(All About記事)
鎌倉観光モデルコース 人気名所7ヶ所を一日で歩く!(All About記事)
鎌倉駅発着の3時間散歩モデルコース 名物グルメを堪能(マイナビニュース記事)

↑ PAGE TOP