鎌倉の観光スポットとハイキングコースのガイドサイト

RSS

鎌倉紀行ホーム > 朝比奈ハイキングコース > 十二所神社・三郎の滝

豪傑武士・朝比奈三郎に因む「三郎の滝」

地元の鎮守・十二所神社

地元の鎮守・十二所神社

鎌倉駅前からバスに乗り、十二所神社バス停で下車すると、「鎌倉 峰本 朝比奈店」のとなりに、地元の鎮守「十二所神社」があります。

神社からバス通りをはさんで、向かい側に細い分かれ道がありますが、これが金沢街道の旧道、すなわち朝比奈切通しの道(朝比奈ハイキングコース)です。

はじめは舗装道路ですが、しばらく行くと山道になり、右は崖、左に川を見るという景色が続きます。

三郎の滝

三郎の滝

やがて道が二手に分かれる場所があり、目の前に滝が流れ落ちています。「朝比奈切通し」を一夜で切り開いたという伝説の剛力武士、朝比奈三郎に因んで「三郎の滝」と名付けられた滝です。

この滝の少し手前の左の川向こうの崖には、頼朝の命を受けた梶原景時が、謀反の疑いのかかった有力御家人・上総広常(かずさひろつね)を討った後で、血糊のついた太刀を洗ったという「太刀洗水」が流れ出ています。

滝に向かって右手の道は、十二所果樹園に続いています。

沢伝いの道を行く

沢伝いの道を行く

滝に向かって左手の道、金沢街道の旧道へ進みましょう。かつて、「塩の道」とも呼ばれ、横浜の六浦の港から鎌倉へ、塩をはじめとする様々な物資が運ばれた重要な交易路でした。

この辺りは沢沿いの湿った道で、特に雨後は滑りやすくなるので注意が必要。峠まで緩やかな上りが続きます。

十二所神社・三郎の滝 その他のチェックポイント

太刀洗水

太刀洗水

頼朝の命を受けた梶原景時が、謀反の疑いのかかった有力御家人・上総広常を討った後で、血糊のついた太刀を洗ったという「太刀洗水」。水戸黄門として有名な徳川光圀(とくがわみつくに)が、家臣に命じて編纂した『新編鎌倉志』の中で、「鎌倉五名水」のひとつに選ばれています。

基本情報

住所:-
電話番号:-
アクセス:JR鎌倉駅よりバス金沢八景駅行 「十二所神社」下車徒歩7分(三郎の滝)
地図:朝比奈ハイキングコース イラストマップ
公式ホームページ:-

鎌倉観光おすすめ情報リンク

鎌倉らしい景観「切通し」を歩く、朝比奈ハイキング(All About記事)
鎌倉五名水(鎌倉市ホームページ)
朝比奈ハイキングコース イラストマップ

↑ PAGE TOP