鎌倉の観光スポットとハイキングコースのガイドサイト

RSS

鎌倉紀行ホーム > 鎌倉観光モデルコース > 鎌倉 紅葉散策

鎌倉 紅葉散策

今回は、紅葉の観光シーズンの鎌倉を散策します。

日中は、鎌倉ナンバーワンの紅葉スポット「獅子舞の谷」などを中心にハイキングコースを歩きながら、瑞泉寺や覚園寺などで、お寺の境内を彩る紅葉も楽しみます。夜は鎌倉で唯一、紅葉のライトアップを楽しめる長谷寺(長谷観音)へ。

ハイキングコースを歩きますので、靴はゴム底の滑りにくいものを履いて出かけましょう。

獅子舞の谷の真っ赤に色づいた紅葉

(写真:長谷寺の紅葉ライトアップ)

鎌倉の紅葉は例年、11月下旬から12月上旬くらいが見頃になります。京都の紅葉の見頃が11月中旬から11月下旬ごろですので、それより少し遅い時期になります。あまり早く行って、「紅葉にはまだ早すぎた!」とがっかりしないように!

鎌倉ナンバーワンの紅葉スポット 獅子舞の谷へ

まずは、テレビや雑誌でも時々採り上げられ、鎌倉一の紅葉スポットともいわれる「獅子舞の谷」を目指しましょう。獅子舞の谷までの道は、ちょっと分かりづらいので地図をつくっておきました。

大塔宮バス停(鎌倉宮)から獅子舞の谷への地図

獅子舞の谷へは、鎌倉駅東口バスロータリーから「大塔宮(だいとうのみや)」行きバスに乗り、終点の「大塔宮」バス停で降ります。

「大塔宮」というのは、鎌倉宮の祭神で後醍醐天皇の皇子である大塔宮護良親王のこと。なので、鎌倉宮を「大塔宮」と呼ぶことがあります。

秋の鎌倉宮境内

(写真:秋の鎌倉宮境内)

本当は、鎌倉宮の紅葉もきれいなのでゆっくり楽しみたいところですが、先を急ぐことにします。

というのは、獅子舞の谷は落葉した銀杏が地面いっぱいに広がり、あたかも黄色の絨毯のようにきれいな場所なのですが、あまりゆっくりしていると銀杏の絨毯が集まった人々に踏まれて泥だらけになってしまうからです。

もし鎌倉に前泊できるのなら、早朝のうちに出かけるのがおすすめです。

さて、鎌倉宮から瑞泉寺方面に向かって歩いてくと、左手にテニスコートがみえてきます。その少し先の「永福寺跡」のT字路を左に入ります。

小さな橋をわたり、しばらく細道を進んでいくと、変電施設が見えるポイントに到着。この先は未舗装のハイキングコース。沢沿いを歩くので、くれぐれも足を滑らさないよう気を付けてください。

獅子舞の谷への道

(写真:獅子舞の谷への道)

普通に歩けば30分もかからずに目的地・獅子舞の谷に到着します。特に標識など出ていませんが、銀杏の絨毯を見ればすぐに分かるでしょう。

獅子舞の谷

(写真:獅子舞の谷)

獅子舞の谷は、普段は何のことは無い山道ですが、晩秋ともなると、イチョウの葉が舞い落ちて一帯は黄金の絨毯が敷き詰められたようになります。

銀杏(ギンナン)の実が時々頭上から降ってきては、岩にあたって「ポン」という不思議な音を放ちます(銀杏は臭いも少々きつい)。朝早くに来れば、銀杏の実も拾えます。

燃えるように真っ赤に染まった紅葉

(写真:燃えるように真っ赤に染まった紅葉)

そして上を見れば、周囲は燃えるように赤く染まった紅葉。なんだか不思議な世界に迷い込んでしまったような気がします。

ちなみに、「獅子舞」という地名は、うずくまった獅子のような形をした岩がごろごろ転がっていることが由来になっています。

さて、獅子舞の谷からさらに登っていくと、天園ハイキングコース(鎌倉アルプス)に合流します。山道を登りながら、後を振り返ってみると…。

獅子舞の谷を上から眺める

(写真:獅子舞の谷を上から眺める)

獅子舞の谷だけが、黄金色に輝いているようでした。日によっては、山々の向こうに富士山も見えます。

やがて道は、天園ハイキングコース(鎌倉アルプス)に合流し、「天園休憩所」に到着。温かいおでんやお酒も売られているので、冷えた体を温めるのもいいでしょう。11月下旬ともなると風が冷たい。冷えた体におでんと温かい飲み物が、ありがたいですね!

休憩後は、天園ハイキングコースを瑞泉寺のほうへ歩いて行きます。

鎌倉の奥座敷、紅葉ヶ谷の瑞泉寺へ

「峠の茶屋」から、天園からハイキングコースを約40分ほど歩くと瑞泉寺のすぐそばの住宅地に出ます。

鎌倉の北部は、ちょうど指を開いて掌(てのひら)を伏せたような地形になっていて、山の尾根が南側に突き出ています。

この指と指の間にあたる部分を「谷戸」(「やと」または「やこ」)と呼んでおり、谷戸の奥はお寺の境内になっていることが多いです。瑞泉寺は、その名も「紅葉ヶ谷(もみじがやつ)」という谷戸にあります。

この地名の「紅葉ヶ谷」やお寺の山号「錦屏山(きんびょうざん)」が示すとおり、瑞泉寺境内と周囲の山々は、紅葉がとても美しいことで知られます。

瑞泉寺境内の紅葉

(写真:瑞泉寺境内の紅葉)

ある文献によれば、その昔、天下の名僧たちが集まり、度々詩の会を催し、四季折々の自然は誠に素晴らしく、ことに紅葉は「楓林ことごとく赤し」といわれたそうです。

なお、瑞泉寺は、鎌倉の最奥に位置する、いわば鎌倉の奥座敷。鎌倉で最後に紅葉が訪れる場所です。紅葉の見ごろは、12月になってから。年によっては、年を越しても紅葉が残ることがあります。

覚園寺の紅葉

瑞泉寺の拝観を終えたら、いったん、「大塔宮」バス停まで戻りましょう。といっても、また山道を歩いて戻るわけではありません。瑞泉寺門前から細道をまっすぐ歩いて行くと、鎌倉宮の横に出ます。

「大塔宮」バス停から、市の駐車場の脇を通り、北に向かって細道を歩いて行くと、谷戸の一番奥に、次の目的地である覚園寺があります。

このお寺は、めずらしいツアー形式の拝観スタイルを取っています。一日数回、案内人の方に連れられて、広い境内を約50分かけてまわるツアーが行われています。

覚園寺の紅葉

(写真:覚園寺の紅葉)

広い境内には、中世そのままの趣を残す薬師堂や、移築された江戸時代の民家などがあり、まるでタイムトリップしたような気分になります。

覚園寺は、いわゆる観光名所といわれるお寺に比べれば知名度は低いですが、境内が昔のままに近い状態で保存されていることや、拝観できる文化財の価値の高さ、境内の四季折々の美しさなど、どの点をとっても、鎌倉に来たらぜひともお参りしたいお寺です。

覚園寺の紅葉

(写真:覚園寺の紅葉)

また、紅葉の木の多さや、境内の美しさとあいまって、鎌倉でも3本の指に入る紅葉の名所といって良いのではないかと思います。

長谷寺の紅葉ライトアップへ

さあ、最後は長谷寺の紅葉ライトアップを見に行きましょう。

長谷寺へは、大塔宮バス停から鎌倉駅までバスで戻り、江ノ電で長谷に向かいます。

長谷寺の紅葉

(写真:長谷寺の紅葉)

ライトアップは日没とともに開始です。早く到着しても、長谷エリアは大仏様や長谷寺の門前町で、カフェやお土産物やさんも一杯ありますので、楽しく時間をつぶすことができます。

長谷寺の紅葉ライトアップ

(写真:長谷寺の紅葉ライトアップ)

京都などではすっかりお馴染みとなり、あちこちの寺院で行われている紅葉の季節の夜間ライトアップですが、鎌倉では今のところ長谷寺でしか行われていません。薄闇の中でライトに照らされた紅葉は、昼間とはぜんぜん違いますね。

ライトアップされた長谷寺本堂

(写真:ライトアップされた長谷寺本堂)

でも、長谷寺の明るい雰囲気のせいか、夜の紅葉も妖艶な感じではなく、どこか爽やかで、明るい感じがします。

紅葉は、北鎌倉もおすすめ

ハイキングしながら、鎌倉の紅葉の名所を一日でめぐるコースを紹介しましたが、もし、山歩きはせずに、もっと街中やお寺での紅葉を楽しみたいという人におすすめなのが、北鎌倉エリア。

北鎌倉には、禅寺がたくさんありますが、紅葉を楽しむなら、円覚寺明月院がおすすめです。

円覚寺の紅葉

(写真:円覚寺の紅葉)

円覚寺は、北鎌倉駅のすぐ近くにある大きなお寺で、紅葉の本数も多いので、ゆっくり時間をかけて拝観しましょう。お寺の建物と紅葉のコラボは、本当に絵になります。

明月院本堂の円窓と奥庭の紅葉

(写真:明月院本堂の円窓と本堂後庭園の紅葉)

明月院は、アジサイ寺として有名なお寺ですが、紅葉も見応えがあります。本堂の円窓の向こうに見えるのは、本堂後庭園で、アジサイの時期と紅葉の時期にしか一般公開されないので、チャンスをお見逃しなく! ただし、本堂後庭園の入園には、別途、拝観料が必要になります。

鎌倉観光おすすめ情報リンク

紅葉の季節の鎌倉・江ノ島の宿の予約はこちら!
鎌倉の「絵になる」紅葉スポット5選(All About記事)
紅葉も絶景も楽しめる! 秋の鎌倉一日モデルコース(All About記事)

↑ PAGE TOP