鎌倉の観光スポットとハイキングコースのガイドサイト

RSS

鎌倉紀行ホーム > 鎌倉観光モデルコース > 鎌倉・江の島七福神めぐり

鎌倉・江の島七福神めぐり

今回は、鎌倉・江の島の七福神めぐりに出かけます。七福神は非常におめでたい神様とされるので、初詣を兼ねて正月にめぐる人が多いようですが、もちろんいつめぐっても構いません。

七福神めぐりは全国各地にありますが、鎌倉のコースは、

浄智寺(布袋和尚)-鶴岡八幡宮(弁財天)-宝戒寺(毘沙門天)-妙隆寺(寿老人)-本覚寺(恵比寿)-長谷寺(大黒天)-御霊神社(福禄寿)-江島神社(弁財天)

となっています。あれ、七福神なのに一人多くない?と思われるかもしれないですね。そうです。鎌倉の七福神めぐりは、弁天様(弁財天)が二人いらっしゃるので、八福神めぐりなのです。

七福神めぐりの簡単な地図をつくっておきましたので、参考になさってください(地図の画像をクリックすると、地図のページに移動します)。

恵比寿(夷)

鎌倉・江の島七福神めぐり地図

七福神の歴史

七福神信仰は、室町時代末期に庶民の間で成立したようです。ただ、起源も中国の神様だったりインドの神様だったり様々で、最初から七人組だったわけでもありません。

当初七福神は、恵比須さまと大黒さまという古来より人気の高かった二人の神様を一緒に福の神としてまつることから始まりました。関西の商家では、今も恵比須と大黒天の二神をペアでまつる風習が残っているようです。

恵比寿(夷)

恵比寿(夷)
出自は、父イザナギノミコトと母イザナミノミコトの子で七福神の中で唯一日本発祥の神様。古くは、「夷(えびす)」と書かれました。

恵比須様の持つ釣り竿には「釣りして網せず」の精神が反映されており、暴利を貪らない清廉なお心に商売繁盛の神様としての人気が集まりました。農村では田の神、漁村では大漁の神様として親しまれています。

大黒天

大黒天
起源は、インドの破壊の神マハーカーラー。ヒンズー教の最高神シバ神の夜の姿ともいわれます。

これが仏教に入ると何故か厨房の神となり、台所に大黒天をまつっておけば食べることに困らないと信仰されるようになります。裕福・財宝の神でもあります。

また、大きな袋を背負って全国を回ったという伝説が残る大国主命(おおくにぬしのみこと)と「大黒」「大国」で文字が似ているため混同され、袋を担いだお姿になったといわれます。

恵比寿、大黒のペアに次に加わったのが、天細女命(あめのうずめのみこと)という女性の神様です。この女神は、天照大神が天の岩屋戸に隠れたとき、岩屋戸の前で舞を舞った神として知られます。

しかし、京都では同じく女性神である弁財天のほうが人気があったために、天細女命に代わって弁財天が七福神の紅一点の座に座ったといわれます。

弁財天(弁才天)

弁財天(弁才天)
もとは、インドのサラスバティという河の神様。美しい河の流れの音から発展し、音楽の神として信仰されました。日本では、古くは「弁才天」と書かれましたが、次第に「弁財天」と書かれるようになり、財産の神としての性格が加わりました。

さらに、その後、毘沙門天と、布袋和尚が加わり、五福神となりました。

毘沙門天

毘沙門天
やはりインド出身の神様で、仏教では、須弥山(しゅみせん)の周りを守る四天王の一人になります。軍神として有名ですが、別名の「多聞天」からも想像がつくように知恵の神でもあります。

布袋和尚

布袋和尚
五代十国の一つ後梁王朝(907~923年)の頃の中国に実在した禅僧。大きな袋を持って喜捨を集めて歩いたためこの名がつきました。

「堪忍袋の緒が切れる」の堪忍袋は、この人が持っている袋。予知能力があり、占いをすると必ず当たったことから、未来仏である弥勒菩薩の化身ともいわれました。

本来は五福神でもよいはずなのですが、仏教経典・「仁王般若波羅密経」にある「七難即滅七福即生」(仏の教えを守っていれば、太陽・星の異変、火災、水害、風害、旱害、盗難の七つの大難は消滅し、七つの福がえられるという教え)にちなんで寿老人と福禄寿を加えて七福神としたといわれています。

しかし、寿老人と福禄寿は、ともに南極星の化身で同体異名の神だといわれています。七福神とするために最後に無理に入れられたので、少々おかしなことになってしまったのかもしれないですね。

寿老人

寿老人
白い髭を蓄え、経典の付いた杖を持ち、鹿を伴う姿でかかれることが多い。中国の道教に起源を持つ、人々の安全と健康・長寿の神様。

福禄寿

福禄寿
同じく道教に起源を持つ神様。長い頭が特徴。「福(幸せ)」「禄(財産・地位)」「寿(寿命)」にご利益があるという有難い神様。

布袋和尚―浄智寺―

それでは、お正月の鎌倉・江ノ島七福神めぐり、まずは、北鎌倉の浄智寺へ向かいましょう。

もちろん七福神のどこからスタートしても良いのですが、鶴岡八幡宮、宝戒寺、妙隆寺、本覚寺が鎌倉駅の周辺、長谷寺、御霊神社、江島神社は江ノ電沿線にまとまっています。地図を見ながら効率よくめぐりましょう。

浄智寺へは、北鎌倉駅の改札を出たら、県道(鎌倉街道)を左に進み、踏切の手前を右に曲がります。

浄智寺山門

(写真:浄智寺山門)

浄智寺は、境内をぐるっと一周する拝観コースになっています。まずは、仏殿(曇華殿・どんげでん)に安置される、ご本尊の「三世仏座像(阿弥陀・釈迦・弥勒)」をお参りしまします。

さて、目指す布袋さまは、庫裏(くり)裏手の洞穴の中に立っています。

浄智寺の布袋さま

(写真:浄智寺の布袋さま)

布袋さんといえば、その名の通り大きな袋がトレードマークですが、浄智寺の布袋さんは袋を持っていません。たいへんユーモラスな表情。お腹をさするとご利益があるとされ、参拝者が皆触っていくので、お腹が黒くなっています。

そうそう、折角ですから最初のお寺さんの御朱印所で、ご朱印帳もしくは色紙を買って、行く先々でご朱印を押してもらいましょう。後日の思い出になります。

弁財天―鶴岡八幡宮―

次は、鶴岡八幡宮に向かいます。

浄智寺から鶴岡八幡宮までは県道(鎌倉街道)を歩いて一本道です。鎌倉五山第一位の建長寺の前を通り、巨福呂坂のトンネルを抜けてしばらく行くと、右手に神奈川県立近代美術館の別館が見えるあたりで右のほうにカーブしていきます。

このカーブを曲がると、もう左手に鶴岡八幡宮の境内の杜が見えてきます。

それにしてもお正月の鎌倉は人が多いですね。特に鶴岡八幡宮の境内は、大変なにぎわいようです。

正月の鶴岡八幡宮

(写真:正月の鶴岡八幡宮)

鶴岡八幡宮には源氏池と平家池という2つの池がありまして、あわせて源平池といいます。目指す「旗上弁財天」は、源平池のうちの源氏池に浮かぶ島の上にまつられています。

鎌倉国宝館(鶴岡八幡宮境内)に寄託中の木造弁才天座像は、文永3(1266)年に八幡宮の楽人であった中原光氏が奉納したといわれる像で、裸体に本物の衣服が着せられています。

なお、お正月、源氏池のほとりのぼたん庭園では、冬ぼたんが大輪の花を咲かせているので、見逃さないようにしましょう。

冬ぼたん

(写真:冬ぼたん)

牡丹(ぼたん)は、通常、春先に花をつけますが、ここではめずらしい冬咲きのぼたんを見ることができます。雪よけの薦(こも)の覆いの中で花を咲かせる姿が、なんとも愛らしいですね。

毘沙門天―宝戒寺―

次は、宝戒寺へ向かいます。鶴岡八幡宮の境内を出て左手に向かい、突き当たりにあるのが、初秋の萩が美しいことで知られる宝戒寺です。

正月の宝戒寺参道

(写真:正月の宝戒寺参道)

とても勇ましいお姿の毘沙門天像を見ることができます。本尊の地蔵菩薩坐像の左隣に安置されていますので、本堂に上がってお参りさせていただきます。法事が行われているときなどは、参拝ができません。

寿老人―妙隆寺―

宝戒寺の目の前を通る「小町大路」を南へ歩いて5分ほどのところにあるのが、次に行く妙隆寺。

妙隆寺は、「なべかむり日親」さんのお寺。

日親上人は厳しい修行を積み京に上り、かつて、日蓮宗宗祖の日蓮が「立正安国論」を鎌倉幕府の執権・北条時頼に建白したことにならい、時の室町将軍・足利義教(よしのり)に、政道を正すべく「立正治国論」を建白しました。

しかし、これが将軍の怒りを買い、真っ赤に焼けた鍋を頭にかぶせられる拷問を受けましたが、それでも考えを曲げなかったという壮絶な話が伝わっています。

妙隆寺の寿老人の像が納められたお堂

(写真:妙隆寺の寿老人の像が納められたお堂)

妙隆寺境内のお堂の中に、欅(ケヤキ)の一本造りの寿老人が安置されています。寿老人のお供の鹿は、三千年の長寿を象徴しているのだそうです。

恵比寿(夷)―本覚寺―

妙隆寺から、途中、日蓮辻説法跡の前を通り、小町大路を更に南へ行くと、恵比寿(夷)さまのいらっしゃる本覚寺に到着です。

本覚寺では、正月三が日に行われる「初えびす」と、10日に行われる「本えびす」が行われ、美しく着飾った福娘たちによって縁起物が販売されます。

本覚寺「初えびす」

(写真:本覚寺「初えびす」)

現在、本覚寺のある場所は、幕府の裏鬼門(南西)に当たる為、源頼朝が夷堂(えびすどう)を建てた場所。室町時代の永享3(1436)年に、夷堂の地に日蓮宗の僧・日出(にっしゅつ)が本覚寺を建立すると、夷さまは本覚寺境内にまつられました。

その後、明治初年に神仏分離令が出されると、夷さまはお寺を出て、近くに蛭子神社(ひるこじんじゃ)としてまつられますが、本覚寺のほうでも、昭和56年に境内に夷堂を再建しました。「蛭子」は「えびす」とも読みますね。

本覚寺 夷堂

(写真:本覚寺 夷堂)

境内の八角の「夷堂」に夷さまがまつられています。後世の鯛と釣竿を持つ商業の神「恵比寿さま」の姿とはまったく異なる、武人のようなスタイルの「夷」。古来の姿を伝える珍しい像です。

大黒天―長谷寺―

次の長谷寺へは、鎌倉駅から江ノ電に乗って向かいます。

長谷寺は、鎌倉有数の観光名所。門前は、おみやげを売る店などがたくさんあって、にぎわっています。

長谷寺には複数の大黒様がいらっしゃいます。歴史が古いのは、長谷寺境内に2015年10月にオープンした「観音ミュージアム」に収蔵されている大黒天像で、室町時代の応永19(1421)年の作と伝わります。この像は普段は非公開で、特別展のときなどに公開されます。

さわり大黒

(写真:さわり大黒)

現在、七福神めぐりで参拝するのは、大黒堂にまつられている「出世大黒天」です。また、同じお堂にまつられているカラフルな彩色の「さわり大黒」が人気の様子。

福禄寿―御霊神社―

さて、次は御霊神社(権五郎神社)へ移動しましょう。御霊神社は長谷寺のちょうど裏手にあります。鎌倉彫の白日堂さんのところから路地に入っていくと近道です。

御霊神社のご祭神は、源(八幡太郎)義家に従って、奥州の後三年の役に16歳で出陣した、鎌倉権五郎景政(ごんごろうかげまさ)公です。景政公は、敵に右眼を射抜かれながらも勇猛に戦ったという武勇伝が残る武将で、鎌倉武士の誇りとされました。

この景政公の命日とされる9月18日には、「おかめ」の面を付けた妊婦を中心に、異形の面をつけた人々が町を練り歩く祭り「面掛行列」が行われます。この祭りで使う福禄寿の面が、七福神の福禄寿です。

福禄寿の面

(写真:福禄寿の面)

面は、本殿右手の宝物庫に安置されており、社務所に申し出れば拝観できます。写真は9月18日の面掛行列で使われている福禄寿の面。

弁財天(弁才天)―江島神社―

最後は、再び江ノ電に乗り、江ノ島に向かいます。

江ノ島に入り、両脇にみやげもの屋が並ぶ参道を抜け、瑞心門をくぐり、階段を登ると辺津宮に到着。その社殿左手にある「奉安殿」に源頼朝が寄進した八本の手を持つ「八臂(はっぴ)弁財天」と、裸弁天として有名な「妙音弁財天」が並んで安置されています。

妙音弁財天

(写真:妙音弁財天。写真提供:藤沢市観光協会)

妙音弁財天は、その名のとおり音楽・芸能にご利益があるとされ、琵琶湖の竹生島、安芸の宮島と並び、「日本三大弁財天」の一つに数えられています(日本三大弁財天については、諸説あります)。

七福神の御朱印の色紙

さて、江ノ島の弁天様の御朱印をいただき、七福神の色紙が完成しました。とても良い記念になりますね!

鎌倉観光おすすめ情報リンク

江ノ電"プチ旅"の魅力と沿線オススメ撮影スポット(All About記事)
お正月に楽しみたい 鎌倉・江ノ島七福神めぐり(All About記事)
鎌倉・江ノ島観光で、これは体験してみたいと思う33のこと(All About記事)

↑ PAGE TOP